商工会議所 発祥の地

2020/02/13 新着情報
logo

弊社の近くには、毎日通っていても気づき辛いのですが、商工会議所発祥の地がございます。

 

通勤で通る道にも様々な注目するべき箇所がありますので、随時ご紹介していきます。

 

所在地 中央区銀座6-17-1(元日産自動車本社・現読売新聞社)

 明治維新の国是をふまえ、欧米諸国の制度文物を採り入れ、時の産業界の指導者が相携えて、明治11年(1878年)3月12日、商工業発展のための総合的団体として東京商法会議所(東京商工会議所の前身)を創立しその事務所を置いたのがこの地である。

 ここには明治24年(1891年)以来、農商務省、次いで商工省が昭和18年(1943年)まで所在し、明治、大正、昭和の三世代にわたって、日本産業発展のための官民協力の場ともいうべきところとなった。

 昭和53年(1978年)3月12日、東京商工会議所創立100周年にあたり、ここに記念碑を建てて後世に残すものである。

     東京商工会議所会頭 永野重雄